今日のサッカーフェイント練習法のコツ

1,ボールの手前で足をうごかす
2,足をうかしすぎない

 

さて、今回の練習にあたりおもったこと。

学生のサッカーにおいて
上達法のひとつとして
クーバーコーチングを低学年から取り入れ
子供のサッカーのコーチとしてかかわって5年。
いよいよ私が関わったサッカーチームの子供達も6年生。

先日サッカーの試合中に
面白いことに気づいた。
それは、意外にみんな、4年生くらいまでに
クーバーコーチングで教えてきたことが
できていないのである。
とくに中途で入ってきた子供は、
はじめの基本のテクニックをやっていなかったこともあり、
顕著である。

低学年のときは、クーバーコーチングでおこなう、
基本のテクニックを中心にやっていたが、
4年生を過ぎるあたりから、個人練習は
家でもできるし、、、と思い
あまり重点をおかず、
他のことを中心にやってきました。

とくに4,5年生のサッカーでは
パスもできるようになってくるので、
どちらかというと、
パス中心のサッカーとなりつつありました。

ところが、先日きづいたのは、
ひとりひとりが、
アイデアもなく、
ただ、ボールを持ったら前に進むしかできなくなっている
わたしが、目指すサッカーとは逆のサッカーをしている
という現実でした。

クーバーコーチングの発端である、
攻撃サッカーのヨハンクライフがみたら
嘆きそうな感じです。

私はすぐに、子供達のサッカーを
改革をすることに決めました。

ただ、5年生も後半になると
基本のテクニックはたいていの子供ができるように
なってきているので、
フェイント及び、それにからめて、対人練習を
おりまぜた、フェイント練習をすることにしました。

まずは、フェイント練習を
復習すべく、また、1から練習をすることにしました。
今日はその1つ目を公開です。

どうでしょうか。
もともと、このサイトの主旨は
動画をみて、みながら練習をして
サッカーの基本をマスターして
上達してもらおう!
というところです。

だから、このサイトをみた
皆さんはぜひ、練習に励んでください!

まだ、クーバーコーチングのフェイントの第一弾です。
これからしばらく、フェイントをお伝えしていこうと思います。

なにせ、クーバーコーチングのオオモトは、

『攻撃サッカー』

ですから!!

クーバー・コーチング Make your move [DVD]

クーバー・コーチング2巻セット

自分でボールを持てる選手になりましょう!