【サッカーうまくなる練習法】新年度しっておきたい上達のコツ

先日、ある人から
サッカーがうまくなる練習法、コツを
教えてもらいました。


物事習得には、4段階あり、



1.知る
2.わかる
3.できる
4.習慣化

ということです。

あまりにも受験勉強のコツと似てるので
腹落ちしました。


さっそく、実例に即してみてみましょう。

ゴール前でのディフェンスの上達のコツ

つぎのディフェンダーとして、
試合中のコツの一つをみてください。

こんな動画のディフェンダーのコツも
上達するためには、4段階の
手順を踏む必要があります。

【1.知る】
まず、こういった大ピンチの場面では
シュートコースに足をだすということが
役立つということを動画を見てしります。

【2.わかる】
動画をみると、
『ボールにアタックするには
時間がたりない』けど、
『シュートコース
に足をだす時間はある』
という場合があって、
実行すると、それが、試合中には、
有効だということがわかります。

【3.できる】
実際に試合中で、そういった場面で、
シュートコースに足をだすという、
経験を積んでいきます。



【4.習慣化】
いつの間にか、
無意識で、こうしたプレーが
できるようになります。

習慣化できたあとにできること

新しいプレーって、
考えながらでないとできません。


そして、そうしたプレーっていうのは、
頭をつかうので、
いちどに、いくつもできません。


新しいプレーというのは、
はじめは、意識しながらプレーして、
それが、習慣化されると、
そのことに、脳をつかわなくて
済むようになるので、
また、あらたなことをできる余裕ができるのです。

上達のがんばりどころ

サッカーに限らないのですが、
ものごとの上達において、
多くの人が、

1.知る、2.わかる

この段階でとまります。

ちょっとした、サッカーのコツを
教えてもらった状態が、
これかなぁと思います。

よく、わかった気になる
というのが、あると思います。
それが、この段階。

3.できる

これは、まだ上手くできないんだけど
たまたま、何回かできることがあると
思います。上手くできて嬉しいんだけど、
たまにしか成功しない、
という状態。

ここまでが、2割くらいの人が到達できる
位置かなぁと思います。

最後の

4.習慣化

この状態まで行けるのが
2割の中の2割、
つまり4%程度なのかとおもいます。

試合で使える技術は
この習慣化された状態です。

習慣化、つまり
自動化された技術でないと、
試合では使えません。

相手が弱ければ通用しても、
レベルが上がると使えません。

ぜひ、子供達には、
習慣化の域まで、粘って
続けて欲しいとおもいます。

ただ、習慣化まで行くのに
一つコツがあります。

それは、考えながら、
進むということです。

常に、

「これで、いいか?」

と考えて、練習を繰り返して欲しいと
思います。

みんな、たいてい考えるのを
めんどくさがります。

だから、それを実践すれば、
全体の2割の2割。

つまり
全体の4%の人間になれるのです。

新年度に向かい、
そうしたことも考えて練習に
はげみたいものです。

*その他子供のサッカー上達に役立つ情報は下記へ!!

 

子供サッカー.com 小学生編

子供サッカー.com 中学生編

子供サッカー.com 指導者編

⇒TOPページへ戻る