メッシのように相手をたおすドリブル練習法

 

さて今回は実践でつかえる

相手をたおすドリブル練習法です。

 

小学生の子供たちに、
『相手をだませ!』
と何回か練習の中で指導したことがあります。

 

今回は、ドリブルでも

『相手をだます』
ということに重点をおく
ドリブル練習法について復習したいと思います。

 

まずは次のメッシのドリブル動画をみてください。

よく動画をみていると、
相手選手が先に動いてたおれていく場面があります。

 

なんで、先に動いてたおれるんでしょう。。。

相手が倒れる寸前にメッシがボールを
相手にさらしてギリギリのところで
ボールを相手の足の届かないところにおいて
ぬいていきます。

 

相手にボールをとれるとおもわせて、
足をださせるんですね!

このボールをギリギリのところにおいていることが

一連のシーンでのドリブルの一番のポイントであると私は思います。

 

ドリブルといっても、
突破のドリブルと、
キープのドリブルがあります。

 

また、私が子どもたちにやってほしいのは、

突破のドリブルです。
それが、まさに実践で使えるドリブルです。

 

なぜなら、得点につながるからです!!

 

そして、もっとやってほしいのは、
今回紹介したメッシのドリブルのように
相手を先に動かす、、、

 

つまりは、ギリギリのところで、
相手がさわれないボールの置き所を
はやく覚えるということです。

 

これは、なんども挑戦しなければ、
自分のボールの置き所はわかりません。

 

相手に足をださせるために
どうするか。。。

 

それを考えだし
うまくいくと、とても
サッカーが面白くなります。

 

DFの立場で一番嫌なことは
相手に仕掛けられることです。

 

試合で、仕掛けられる選手になりましょう。
そして、得点をしましょう!!

 

パスが重視されるなかで、
わたしの好きなドリブル重視の考え方をもった
川島コーチのドリブル塾のDVDを参考にあげておきます。

 

川島コーチのチームは、チームの勝利はもちろん重視するのですが、
徹底して、ドリブルにこだわっているのが
試合をみると感じて面白いです。


【わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾】