香川のサッカーに柿谷は追いつくことができるのか?

先日の韓国との
サッカー日本代表戦。
結果を出したという点で、
良かったと思います。
特に、香川等の海外組を
欠いた状態でよく優勝したと思います。

特に、柿谷においては、
昔の日本代表であれば
はずしただろう場面で
確実に決めています。

そんな、試合を
動画で余韻に浸りながら、
振り返りたいと思います。

1点目は、ディフェンスからの
ロングパスを柿谷選手が、ワンタッチで、
絶妙の場所にコントロール

いわゆる、『自分の場所』に
みごとにコントロールしました。

一見みると、単純に、ヘディングでトラップして、
シュートを打っているように見えますが、
たとえば、子供のチームの試合だと、
ワンタッチ目のヘディングでタッチした場面で、
もうすこし、外側へタッチしてしまって、
敵のプレッシャーは若干うけないようになるのですが、
結果的に、ゴールからも遠くなってしまって、
シュートをうつに至らないという場面が沢山
あります。

-『自分の場所』にとめたいひとに-

そして、柿谷の終了間際の2点目

これも、一見すると、
ただ、真ん中をあがって、
シュートを打っているだけに見えるかもしれません。

しかし、特に子供の試合をみていると
わかるのですが、
サイドから攻めあがったときに、
そのサイドの選手と同じくらいのスピードで
あがってしまうのです。

つまり、サイドの選手のパスの出すタイミングなど、
まったく考えずにあがってしまうのです。

よくみると、サイドの選手が上がるスピード
にくらべ、柿谷選手の上がるスピードが
若干遅いことがわかります。

たまたま、ボールがこぼれた位置に
柿谷選手がいたから、
シュートをうてたのではなく
柿谷選手の上がるスピードが、
ボールがこぼれるタイミング程度に
攻めあがっていたため
ゴールをうばうことができたのです。

ただ、がむしゃらに走っているわけではないのです。

サッカーでは
見ている人には
当たり前のように
過ぎ去ってしまう、以上のような2つのプレーも
意外と、実戦では
草サッカーや、
子供のサッカーにおいては、
できないのです。

-そうはいっても、どう走るのかわからない人に-

さぁ、以上のことを
意識して、
香川のいない日本代表の試合のハイライトを
今一度みてみましょう!