スポンサードリンク

【 日本代表 VS タイ代表 】サッカーワールドカップ予選結果・速報動画で検証
久保裕也選手

日本代表 VS タイ代表
日本代表の相手は、タイ代表。

前半2-0
後半2-0

結果だけ見ると、余裕の勝利ですが、
実際は、後半の久保裕也選手の3点目が入るまでは、冷汗ものの試合でした。

また、タイ代表は、
オーストラリアとの試合で引き分けていたということもあり、
久保の3点目がなく、タイ代表に1点がはいり、
2-1とスコアがなっていたら、
最悪の事態も想定されるような試合内容でした。

■目次

試合結果
得点速報動画
日本代表VSタイ代表のまとめ

試合結果

【 日本代表 VS タイ代表 】
2017年 3月28日
埼玉スタジアム2002
4-0
得点者  8分 香川真司
得点者 19分 岡崎慎司
得点者 57分 久保裕也
得点者 83分 吉田麻也

目次にもどる

 

得点速報動画

さて、今回の動画です。

香川真司選手は、1点目、落ち着いて左サイドに
ゴロぎみで打ちました。
相手の足の下を抜くGKからみにくい位置からの
シュートでした。

その直前のシュートフェイントからの
シュートに至るまでのスピードが
とても早くて参考になります。
岡崎慎司選手のヘディングもピンポイントで
そこしかない!というシュートでした。
昔は、こうしたシュートは惜しいけど、
はいらない・・・というのが、日本代表でしたが、
最近の日本代表は、1チャンスで1点入るように
なってきました。

これが、ワールドカップの本戦といった
プレッシャーのよりきつい試合でも、
できるのであれば、最高です。

久保裕也選手のスピード感は、
ワールドカップ本戦でもいきそうです。
3点目の久保裕也選手はスローインからボールをうけて、
ペナルティエリア付近から一振り。

おそらく、キーパーは
あとすこしドリブルするとおもっていて、
準備ができてなかったようにみえます。

一瞬のスキも見逃さない、久保裕也選手の判断力と
その足のフリのスピードがいきたシュートでした。

4点目の吉田麻也選手のヘディングは、
もう、何もいうことはありません。

苦言を呈するなら、
ワールドカップ本戦でのプレッシャーのなかでも
ヘディングできるように、なって欲しいと思います。
格下あいての試合の中だからこそ、できたシュートのような気もします。

目次にもどる

 

日本代表 VS タイ代表 のまとめ

さて今回の試合は、
日本代表 対 タイ代表が4-0でした。
あとは、ほんじつの深夜2時からのイラク対サウジアラビアの戦いで、
サウジアラビアが敗戦してくれると、かなり気が楽になるんですけど、
そうもならないでしょうね。。。

イラクに期待したい!!

 

また、最後に、本日の試合、
じつは何と言っても、川島選手のナイスセーブが
一番大きかったと思います。

 

動画ではでてきましたが、あの1点を防いだことが、
あとあと、得失点差できいてきそうです。

 

昔の川口選手を彷彿とさせる
まさに、日本の守護神でした

目次にもどる