なでしこジャパン
初戦のオーストラリア戦
そして、昨日のベトナム戦と頑張っています。
なでしこジャパン結果

 

見ているとミスもすることもあるのですが、
技術的にもスピード的にも男子よりは、
自分達に近いせいか、
(近いといっても、もちろん、はるかにうまいのですが。。。(笑))
見ていてけっこう面白くみれます。

 

なでしこジャパンをみていて
少し思ったのは、
サッカーはやはり基本技術の塊ということです。

 

我がチームのある神奈川県出身選手、
川澄選手がペナルティエリアで受けるときにみせた
ワンタッチ目のコントロールは、
まさに風間八宏氏のとめる技術

 

待望の得点をきめた、神奈川出身の木龍選手の
インサイドキックでのダイレクトの落としなどは、
ける足をしっかり振り上げた基本どおりのインサイドキック。
まさに先日紹介した動画のインサイドキック通りです。

 

ちなみに、昨日のベトナム戦での3点目の大儀見選手の
得点時の相手ゴールキーパーの足元をよくみてみましょう。
だいたい動画の30秒のときです。

どうでしたか?
大儀見選手のシュートの瞬間にキーパーがジャンプしてしまってますよね!
キーパーの基本のひとつに、ジャンプしながらタイミングはとらない!
ということがあったはずです。
相手キーパーは、まさにその基本を破ってしまってます。
基本はしっかりと抑えていきたいものですね。
サッカーゴールキーパー上達法

 

明日もなでしこジャパンの試合がありますが、
どんな基本が大事だなぁと思えるシーンが出てくるか楽しみです。

 

なお、私の少年サッカーのコーチ業も
あと、10ヶ月程度でひとくぎりがつくのですが、
サッカーでの原点ってなんだっただろうと考えてみました。

 

勝ち負けはもちろんなのですが、
『 フェイントで相手をだますこと 』
だったよなぁと思い出しました。

 

ということで、以前フェイントの特集として、下記の2つを投稿していましたが、
とまっていたので、しばらくこのつづきを特集していこうと思います!

 

サッカーフェイント簡単に上達 ①(シザース)

 

サッカーフェイント簡単に上達 ②(キックフェイント)

 

このあとに、クーバー先生から教わったフェイントにもとづきまとめていきます!

はじめてこのサイトを見た方は、一度は、下記の子供サッカー上達マップをみてくださいね!

子供サッカー上達マップ