市トレの追加セレクションの話がきていたの
思い出しました。

 

もうこの時期少年サッカーの
セレクションの時期は終わってしまったと
思いますが、この先も子供たちにとっては、
いろいろなセレクションがあると思います。

少年サッカーにおいてセレクションで
後悔しないためにはどうしたらよいのでしょう。。。

受けた子供達に聞きたいのはうまく自己PRは
できた?というところです。

やはり自分のプレーができなかったら
悔しいですよね。

私は、少なくとも以前子供達がうけた
セレクションにおいて、
もしかしたら・・・という期待感を
得られるぐらいのことはできたので、
この本を読んでよかったと思います。

 

子供自身もこの本を読んで実践した結果、

実は、2次セレクションで落ちてしまいましたが、
現状の実力の中では出し切った充実感がありました。

ということで、今回この本を紹介します。

少年サッカーのセレクション・・・・
当たり前ですが、受ける以上は、受かりたいですね。
私は、セレクションを受ける子供達が
少しでも合格できるような方法はないのかなぁ
と思っていたら、この本に出会いました。

昔はこんな本はなかったと思うのですが、
いまは、探すとあるんですね~

その名も、

『サッカー・強豪クラブに合格するための本』

ストレートな題名ですね!
でも、買ってしまいました。

こんな本は、あまりありませんので。。。

受験に、○○大学合格作戦などといった、本があるのに、
サッカーのセレクション向けにそのような
本がなかったこと自体が、
意外なのかもしれませんね。

帯には、
『ヘタでも受かる!!』
の文字が。。。

本当かなぁと思うと同時に
やはり、やれることは、すべてやりつくして
テストを受けるのがよいと言う考えなので、
じっくり読むことにしました。

自己PRはもちろんなのですが、
私が気に入った本の内容は
主に下記の5点です。

1、攻守両面に参加する。
2、受身のプレーはしない。
3、当たり前のことをやる。
4、ボールを財布だと思う。
5、リーダーシップを気にする。

要点だけ書くと当たり前のことばかりですが、
上記のことの前提となるいろいろな考え方を
本書で学ぶとよいと思います。

サッカー・強豪クラブに合格するための本 ~セレクション突破のプロが極意を大公開!!~

 

 

○自分の才能を信じる人におすすめの本のチェックはこちら!!

 

1、上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)

物事を上達するには共通の法則があります。
こうした法則をしっておくこともよいです。

 

2,才能を伸ばすシンプルな本

こちらの本は、世界のスポーツの成功者を分析しています。
本書は、「才能は『遺伝』よりむしろ『行動』によって決定される」という新しい科学の考え方に基づいています。
そして、その新しい科学とは、「才能を開発したいなら、深い練習を通じて脳を鍛える必要がある」という言葉に要約できるのです。それでは具体的にどうすれば才能を開発することができるのか。
その52の秘訣がシンプルな言葉で書かれています。




>>ホームページ

>>投稿一覧