今回はちょっと番外編。

一生懸命サッカーの練習するのもいいのですが子供が伸び悩んでいる時期は実は別のことが原因というのもよくあることです。好きな子ができたとか、友達と喧嘩したとか、そういった大人が些細な事と思うことでも、伸び悩むことがあります。

今回は、そうした伸び悩みの原因の一つとして『視力』に注目してみます。

サッカーの伸び悩み、あるある

・夜暗くなるとボールが見にくくなってきた
・レーシックを考えているけどあと一歩が踏み出せない
・周りが見にくいのか子供が最近よく目を細める
・子供のサッカースクールの送り迎えで最近視力の衰えが気になる
・子供の送り迎えで車は必要だが最近免許の更新が不安

そう、視力の悩みって子供の悩みでもあるけど親の悩みでもあります。。。こうした視力の悩みってほっておいてもよくはなりません。

視力悪化を放置していると・・・

・夕方の練習が多いのだけど、そこでいいプレーができずレギュラー落ち
・まだ子供も年齢が低いのにレーシックはちょっと、、、って考えてる間に視力低下が進む
・サッカーだけでなく、学業の成績も落ちてしまう
・夜のスクールの送り迎えだけでなく昼間も仕事に影響してしまう
・免許の更新時に必要な視力に足りずあたふたすることに・・・

なんてことが起きてしまいます。たかが視力低下、されど視力低下。大人は眼鏡をかければいいといえばいいのですが、年頃の子供は眼鏡はかけたくないものです。

視力が問題なくなると・・・

視力って悪かったものがよくなるとホント世界が変わります。コンタクトをつけたら世界が変わって見えるというのはコンタクトレンズ経験者なら誰しもわかるとおもいます。

ただ、子供さんの場合はまだコンタクトレンズは早いと思いますし、できれば若さで視力を回復したいものです。視力がもどれば・・・

・サッカーでレギュラーも獲得、子供が目の回復とともにすべてに自信を持ってきた
・子供の視力が回復し、笑顔も増え積極性が増した
・伸び悩んでいたサッカー技術が一気に伸長♪
・目の疲れがとれるのでなんだか親である私もリフレッシュ
・子供のスクールの待ち時間に使うことで目がリフレッシュ。
・眼鏡を付けるのを嫌がっていた子供が眼鏡なしで済み笑顔も増えた

なんてことが現実になります。

視力回復機械やプログラムのデメリット

結構、視力回復の機械やプログラムってあるのですが、それぞれデメリットもあります。だけど、見方をかえるとうまくいくことも多いものです。

・毎日10分間は使わないとダメ・・・歯磨きのように習慣化してしまえば問題ない
・毎日つづけなければならない・・・サッカーの練習後の日課にしてしまえば問題ない
・お金が多少かかる・・・だけどコンタクトや眼鏡代を考えれば安いもの


・視力が回復するまで一定期間がかかる可能性もある・・・だけど視力が回復した事例が多いので信じられる
・費用は多少かかる・・・年齢に関係なく家族だれでも使えるので皆で使えば安いもの
・機械だとちょっと心配・・・厚生労働省認可の医療機器というものもある
・効果がなかったら後悔しそう・・・機械関係の視力回復装置は、2週間無料体験可能とか、無料モニター期間を設置しているものもあります。

視力回復機械やプログラムのメリット

・小学生のうちに眼鏡はちょっと・・・と思っていたらかけずに済んだ
・親である自分が使えば、スクールの送り迎えも安心してできるようになる
・レーシックで、不安な手術をしないで済む
・自分も視力回復し、免許の更新も安心して受けられる
・ボールがよく見えて練習自体も楽しくなる


・子供と大人である自分が同時につかえる
・眼科医グループで研究開発された医療機器であるから安心なものもある
・大学病院などでの臨床実験データーつまり膨大な医学データがあるので安心なものもある
・器械により発振される超音波のエネルギーにより目の筋肉である毛様体筋の頃をほぐしてくれ弾力を取り戻してくれる
・目の周りの血行をよくしてくれる

といった感じで子供の観点からも親である私たちの観点からもいい面があります。もし子供がサッカーで伸び悩んでいたら視力という観点でもチェックしてあげましょう。意外にこうしたことが伸び悩みの原因ということもあります。

私のおすすめ視力回復プログラム・機械

1位:子供向け ブレインアイ

スマホ等でも使えるプログラム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>視力回復&脳力アッププログラム「ブレインアイ」

2位:テレビでも紹介された話題の視力回復法

6歳児でもパズル感覚で使用可能
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)

3位:目の超音波治療器えむあーる

無料モニターも可能です。親子で使えます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>MRフタワソニック