☆小学生は知っておきたい!
リフティングでサッカーが上達するコツ【動画】



リフティングのコツをしりたい。
リフティングを練習してサッカーを上達したい。
リフティングのコツは、足首?
リフティングのコツは、つま先?



子供たちとサッカーをしていると、
かならず練習としてあらわれるのが、
リフティング


しかし、このリフティングという練習、
ともすると、
リフティングをするためだけの
練習となりがちです。


できれば、試合で役に立つように、
リフティングの練習をしたいものです。


そうすれば、
リフティングは上達したけど、
意味がなかったという悲しい結果に
ならなくてすみます。


ということで、
リフティングでサッカーが上達するためには、
まずは、三木さんの動画をとにかく見てみることをおすすめします。

 ↓ とにかく、三木さんの動画をみてみる? ↓ 

*動画は次のページの下の方にスクロールするとあります!!^^

リフティング練習

三木さんのドリブル塾

三木さんの練習理論
これを知っておくとが広がります。

さて、この三木さんというのは、最近
日本のサッカードリブル塾のひとつとして
評価があがっているの、元奈良YMCAサッカークラブの
コーチであり、現在フリープロサッカーコーチの
三木コーチです。

関西では、
Jグリーン堺でドリブルスクールをやったり、
関西空港近くのチームでコーチを
やられています。

大阪に住んでいるひとは、
機会を見て一度三木さんのドリブルスクールに
参加、もしくは見学をしてみるとよいとおもいます。

【個の育成】に興味のあるひとなら、
ぜったいにおもしろいとおもいます。
遠くのひとは、一度、三木さんのDVDをみてみることを
おすすめします。参考動画だけでも、
役に立ちます。

cristiano-ronaldo---real-madrid-la-liga_26-741

 

「 リフティング技の種目は大切でない。回数も大切でない。 」

 

そんな大胆とも思える発言をしてくれる
三木利章コーチの動画です。

 

ちなみに、三木利章コーチとは、
2013年の8月に埼玉の全国レベルのチームがひしめくなか、
あるサッカーフェスティバルで無名の街クラブを優勝にみちびいた
コーチなのです。

 

わたしからすると、セレクションもない
街クラブをそんなJリーグの下部組織の集まる大会で
優勝にみちびいたというだけで、とても興味がわきます。

 

さて、はなしは、三木コーチの動画にもどります。
わたしは、昔から、リフティングを題材にした
DVD教材は、いくつかみてきました。

 

そのなかでも、いいと思ってきたのが、
土屋さんのジンガに関係したリフティングDVD
檜垣裕志さんの利き足トレーニングとセットとなったリフティングDVD

 

しかし、今回の三木コーチの
リフティング練習の動画は、
そのどれともちがった観点をもった動画でした。

 

リフティングを通じてサッカーが上達するには?
リフティングのコツとは?
リフティングでサッカーがうまくなるとすればどうする?

 

なにはともあれ、
動画をみてください。

ドリブル塾共通の重要なことば

三木さんのリフティングを介した
サッカー上達動画は、どうでしたか。


わたしは、いくつかの三木利章コーチの言葉で
気づいた点がありました。

 

それは、むかしからのクーバートレーニングで
やってきた、ある方法との共通の方法であり、

 

そして、ドリブルを中心に
個性をみがくことにやはり重点をおいている
JSC千葉の川島コーチのドリブル塾のDVD教材の中で
うたわれていた方法との共通点でもありました。

 

その共通点に関する言葉は、わたしにとっては、
川島コーチのドリブル練習のなかで、とても役に立った言葉
だったのですが、今回の三木コーチの動画の中でも
つかわれていました。

 

答えを簡単にしってしまっては、
感動もすくないとおもうので、
何度か、三木コーチの動画をみて、
一つひとつの言葉をなんども繰り返し聞くと、
どの言葉が重要なのかが、わかってくるとおもいます。

 

リフティングの効果とサッカー上達

リフティングのサッカーに対する効果というのは、
よく話題になります。

 

たしかに、リフティングの回数が多くできるひとが、
必ずしも、サッカーの試合で活躍するとはかぎりません。

 

しかし、サッカーで活躍できる人は、
リフティングはたいていうまくできます。

 

三木コーチはいいます。

 

リフティングは、回数や種目などは、大切でなく
股関節、膝関節、足首の内旋外旋をいかになめらかに
はやくうごかせるようなるかが大切。

 

さらに、実際の試合にちかづいた練習とするべく、
リフティングをあえて狭いスペースでやることで
オープンスキルにちかづくともいっています。

 

ほかにも、あと2つほどリフティング練習の続きの動画が次のページの
はじめにあります。こちらも結構参考になります。

http://bit.ly/2eIQm3e

【初心者向け】リフティングとサッカー上達の関係まとめ

リフティングって、
なんだかんだいっても、
やはり、練習するとうまくなりますし、
回数も増えます。


わたしの考えは、とくにサッカー初心者は、
あまりかんがえずに、回数を
こなすこと、そして、
とりあえず、50回くらい
できるようになることが、
当面のリフティングの目標となるとおもいます。


ボールの扱いになれるという意味では、
やはり、重要な練習なので、
まずは、三木さんの動画でもでてきましたが、
ワンバウンドリフティングからでよいので、
練習しましょう。


ちなみに、わたしは、ほんとうに
上手くできない子供には、
とりあえず、一番簡単な、
ももを使ったリフティングを教えています。


うまくやれば、5回くらいはすぐにできます。
成功体験が、こどもの心を後押しします!!

【中級者むけ】リフティングとサッカー上達の関係まとめ

中級者は、たんなる
回数を追い求めるのではなく、
三木さんの動画ででてきたように、
ボールがずれたときに、
すばやく、移動するなども意識しましょう。


そして、また、わたしがおすすめするのは、


・アウトサイドリフティング

・インサイドリフティング

・肩リフティング


をやってみることです。
まずは、それぞれを10回~20回できるように。
そして、それができたら、
動きながら、ハーフウェイラインから
ゴールラインくらいまで、
リフティングできることを
めざしましょう。


これは、わたしが
大学生のときのコーチライセンス取得時に
練習させられたメニューなのですが、
意外と、短期間で
習得できます。


それでいて、足の可動域も
おおきくなり、サッカーのプレーの幅もひろがります。



ちょっとしたことですが、
ただのリフティングの練習で、
サッカーが上達出来る可能性があるのであれば
試してみる価値はあるとおもいます。


こどもたちでも、
インステップのリフティングは、
簡単にこなしてしまう
子供たちがふえてきました。


これをサッカーの試合でも
いかせるための練習法のひとつとして、
上記で紹介した、

・インサイドリフティング
・アウトサイドリフティング
・肩リフティング

といった練習法をチャレンジしてみてほしいと
おもいます。

ハーフウェイラインから、
ゴールラインまで、
インサイドリフティングや、
アウトサイドリフティングが
やれるようになるころには、
浮き球に対する感覚もかなりあがっているはずです!!

リフティング練習