子供サッカー基本テクニック7

評判のクーバーコーチングより
子供サッカー.COM 基本のテクニック7 です。

右足もしくは左足の
足裏ですこし前にころがして、
ボールを逆足のうらを通しながら、
ターンです。

ボールにやや体重をのせることで
敵をあざむきやすくなります。

また、ボールに体重をのせることで
ボールが足に吸い付く感覚ももてます。

さぁやってみましょう!!

 

子供サッカーのコツ!!

さて、今回の
子供サッカー超基本テクニック7の
重要なコツですが、
それは、次のことを考えることです。

なぜ、サッカーボールを
逆足の裏に通すのでしょうか?

 

このなぜ?
ということを考えることで、
試合中でも、そのことを意識するようになり、
試合で役に立つサッカーテクニックとなるのです。

さて、
逆足の後ろをとおす
理由ですが
・・・逆足が、敵にたいして、盾となるからです。

あいての子供が
相手のボールをとろうとしても、
逆足がじゃまして、
ボールをさわりたくても、
さわれないのです!!

このことを理解して、
遊びのサッカーでかまいませんから、
さっそく使ってみましょう!

子供のサッカー練習のコツ2

さて、
子供サッカーの練習のコツ。
これは、なんのことはない、
とにかく繰り返し練習するということです。

そして、もう一つ重要な事は、
試合中につかってみるということです。

今回のターンは、
敵を背負った場合にも
つかえます。
次の動画は、今回のターンとすこし違うのですが、
使えるタイミングは同じです。

このサッカー動画を参考に
サッカーのどんな場面で今回の
子供サッカー超基本テクニック7が
つかえるかイメージして、
このテクニックを使ってみましょう!!

さぁ、練習・練習・練習・・

クーバーコーチングの基本ですね!!

 

子供サッカー超基本テクニック動画のまとめ

『基本のテクニック』
 7.足裏でころがしてたち足の裏を通す

・体重をボールにのせるのがコツ。
・相手が、じぶんを追い越すくらいのタイミングで
 つかえるテクニック。

 

⇒さぁここまでやったら、

基本のテクニックはあとひとつです!

基本のテクニック8へ行きましょう!!

基本のテクニック8

 

☆基本のテクニック集☆

  1. インサイド・アウトサイドの連続(クーバーコーチング)
  2. アウトサイドでの切り返し(クーバーコーチング)
  3. インサイド・インサイド⇒アウトサイド・アウトサイド(クーバーコーチング)
  4. 足裏でボールを引き寄せ逆足のインサイドで押し出す(クーバーコーチング)
  5. 足の裏でとめてターン。逆足のアウトでだす。(クーバーコーチング)
  6. ボールをまたいでターン(クーバーコーチング)
  7. 前にボールを転がして足の裏を通す(クーバーコーチング)
  8. 足の裏で手前に引きその足でとめて逆足インサイド(クーバーコーチング)
基本のテクニックポイントまとめ集

*注 基本テクニック集に関しては、子供サッカー.com にて
   基本のテクニック1~8のコツをまとめたポイント集があります。

   低学年の子供さんや、初心者の子供さんをお持ちのかたが
   子供を指導するのに役立ちます。
⇒ポイント集

クーバートレーニング練習におすすめの本

1.キッズトレーニングメニュー

2.一人でできる練習メニュー

3.1対1につよくなるメニュー