さぁ、次も評判のクーバーコーチング
からのテクニックです。

なんでもそうですが、最初は上手くいきません。
自分で20点くらい取れていると思えば、
次のテクニック練習にいきましょう。

ちがった、テクニック練習をして、
前にトレーニングしたテクニックに
あとで戻ってやってみると
簡単に感じることもよくあることです。

kevin-prince-boateng---ac-milan-serie-a_26-753

 

『 基本のテクニック2 』

アウトサイドでの切り返し

 

ポイントはやはり真似ることです。
私は、昔クーバー先生のビデオを見ながらまねをしたものです。

1,なるべく軸足を後ろにおく、

2,片側の足だけを使用する

以上の2点に注意して真似をしましょう。

また、この評判のクーバーコーチングをもとにした
テクニックも初心者の子供は、
ゆっくりと丁寧に始めましょう。
あせるとやはり上手くいきません。

 

 

上記の動画は、私の尊敬する
ウィール・クーバー先生の
攻撃サッカーというビデオをみて、
練習しています。

 

このページを読んでいただいた方には、是非紹介したいのですが、
いまは、もう廃盤となっているようです。

 

なぜ、私がそんな廃盤のビデオをもっているかというと、
大学生で、初めて、クーバー先生の
指導ビデオをみたときに、
あまりに感動して、
これは、後世に語り継がなくては!!と
おもい、その後、ずーっと大事に持っていたからなのです。

 

なかのビデオでは、
オランダのジュニアたちがでてくるのですが、
これがうまいこと、うまいこと、
オーバーヘッドキックなども
きれいにやってしまいます。

私なりに探しましたが、
クーバー先生のビデオはありません。

でも、クーバー先生の考え方を引き継いだ方の
DVD付き本はありました。

 

完全に同じ内容ではないのですが、
私と同じで、著者のかたは、
クーバー先生の考え方に
感動された方なのだと思います。

 

出来た方は、
次は、基本のテクニック3にすすみましょう!!

 

☆基本のテクニック3☆

3.インサイド・インサイド⇒アウトサイド・アウトサイド(クーバーコーチング)

 

☆基本のテクニック集☆

  1. 基本のテクニック1:インサイド・アウトサイドの連続(クーバーコーチング)
  2. 基本のテクニック2:アウトサイドでの切り返し(クーバーコーチング)
  3. 基本のテクニック3:インサイド・インサイド⇒アウトサイド・アウトサイド(クーバーコーチング)
  4. 基本のテクニック4:足裏でボールを引き寄せ逆足のインサイドで押し出す(クーバーコーチング)
  5. 基本のテクニック5:足の裏でとめてターン。逆足のアウトでだす。(クーバーコーチング)
  6. 基本のテクニック6:ボールをまたいでターン(クーバーコーチング)
  7. 基本のテクニック7:前にボールを転がして足の裏を通す(クーバーコーチング)
  8. 基本のテクニック8:足の裏で手前に引きその足でとめて逆足インサイド(クーバーコーチング)
基本のテクニックポイントまとめ集

*注 基本テクニック集に関しては、子供サッカー.com にて
   基本のテクニック1~8のコツをまとめたポイント集があります。

   低学年の子供さんや、初心者の子供さんをお持ちのかたが
   子供を指導するのに役立ちます。
   ⇒ポイント集