ジンガ練習の中でサッカー技術として得るものは何か?【新年度に挑戦!】

ジンガ練習はリフティング王である
土屋氏により開発されたものですが、
このジンガ練習でサッカーの技術として
得られるものはなんでしょうか。

まずあげられることが、
敵にボールをとられないキープ力です。

ジンガ練習ではジンガA,B,Cとあります。

ジンガCをできるようになると
かなり実戦で使えるようになります。

上記は、ジンガAという練習を
しているところですが、
なれてくるとサッカーの試合中にも、
ちょっとしたときに、
ジンガテクニックで、キープできるようになります。

このような練習でそうなのかなぁ
と思う人は、是非
ジンガABCとあるなかで、
ジンガCまで練習してみてほしいです。

皆さんは、キープの練習として
個人練習といえばどんな練習をおもいつくでしょうか?

私が子供のころは情報がすくなかったので、
とくにキープの練習などしませんでしたし、
結果的に、キープ力のある選手ではありませんでした。

そんな私でもジンガ練習を子供としてみたら、
サッカーの実戦でも、特に密集地帯で
自信を持って、キープできることが多くなりました。

そのことが自信となって、
よりジンガ練習をサッカーのために
やってきました。

最近では、ジンガを練習に
取り入れているサッカー少年チームも
でてきているのをみています。
ちょっとしたサッカーの試合中に
つかうことで、相手からボールをキープすることに
成功しています。

ジンガ練習、
とくに、自分の1年前の技術レベルを思い出して
サッカーにおける実力が、この1年で
たいして、あがっていないと
思う人には、是非実践してみたら
よいのでは?と思う技です。

もうすぐ、4月です。
結果をかえるには、
違った行動が必要です。
ぜひ、周りのみんなとは違う練習を
してみることを子供サッカー.COMでは
お薦めします。

努力はみんなしています。
努力だけでは、みなと差がつきません。

ちがったことを
この新年度の変わり目に挑戦してみましょう!

(リフティング王土屋健二の)サッカー リフティング&ジンガバイブル(DVD付)

この子供サッカー.COMでは、
ジンガテクニックや、残りのクーバートレーニング、
川崎フロンターレ監督の風間八宏氏による「とめる」とはどういうことを
扱っているかを教えてくれるDVDなどについて、まとめてます。
詳しくは、子供サッカー上達マップをみてください!

子供サッカー上達マップ

お父さん、お母さん向けの審判のコツなどもまとめてます!!


わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾 【KS0001】