子供サッカー基本テクニック7

評判のクーバーコーチングのテクニックより、子供サッカー.comでおすすめの【基本のテクニック7】です。



足裏で少し前にころがしてターンするテクニックです。




右足もしくは左足の足裏ですこし前にサッカーボールをころがして、逆足のうらにサッカーボールを通しながらターンをします。



ボールにやや体重をのせることで敵をあざむきやすくなります。



このボールを少し前にやる動作で、相手ディフェンダーがわずかかもしれませんが、ボールのいく方向に体重をのせてしまいます。



その結果、ターンしたあと、0.5秒くらいかもしれませんが、余裕ができます。



また、ボールに体重をのせることで、ボールがほとんど足から離れることなく、まるでボールが足に吸い付く感覚ももちながら、ターンができるので安心感があるターンともいえます。


さぁ、とにかくやってみましょう!!


子供サッカーのコツ!!

さて、今回の子供サッカー.comの超~基本テクニック7の重要なコツですが、それは、次のプレーを考えることです。


なぜ、サッカーボールを逆足の裏に通すのでしょうか?




ちょっと考えてみてください。




このなぜ?




ということを考えることで、試合中でも、そのことを意識するようになり試合で役に立つサッカーテクニックとなるのです。



足元のテクニック


さて、逆足の後ろをとおす理由ですが・・・逆足が、敵にたいして、盾となり相手からみると逆足がじゃまでボールがみえなくなるからです。


あいての子供が、こちらのボールをとろうとしても、逆足がじゃましてボールをさわりたくても、さわれないのです!!


このことを理解して、遊びのサッカーでかまいませんからさっそく使ってみましょう!






子供のサッカー練習のコツ2

さて、子供サッカーの練習のコツ。


これは、なんてことはなく、とにかく繰り返し練習するということです。




そして、もう一つ重要な事は、試合中につかってみるということです。




今回のターンは、敵を背負った場合にもつかえます。




このサッカー動画を参考にサッカーのどんな場面で今回の子供サッカー超基本テクニック7がつかえるかイメージして、このテクニックを使ってみましょう!!




さぁ、練習・練習・練習・・・




クーバーコーチングの基本です!!



子供サッカー超基本テクニック動画のまとめ

『基本のテクニック』
 7.足裏でころがしてたち足の裏を通す

・体重をボールにのせるのがコツ。
・相手が、じぶんを追い越すくらいのタイミングでつかえるテクニック。

 

⇒さぁここまでやったら、基本のテクニックはあとひとつです!基本のテクニック8へ行きましょう!!




基本のテクニック8

 

☆基本のテクニック集☆

  1. インサイド・アウトサイドの連続(クーバーコーチング)
  2. アウトサイドでの切り返し(クーバーコーチング)
  3. インサイド・インサイド⇒アウトサイド・アウトサイド(クーバーコーチング)
  4. 足裏でボールを引き寄せ逆足のインサイドで押し出す(クーバーコーチング)
  5. 足の裏でとめてターン。逆足のアウトでだす。(クーバーコーチング)
  6. ボールをまたいでターン(クーバーコーチング)
  7. 前にボールを転がして足の裏を通す(クーバーコーチング)
  8. 足の裏で手前に引きその足でとめて逆足インサイド(クーバーコーチング)



サッカー教材ランキング BEST16

*動画教材を中心にわたしがサッカーのトレーニング教材として使ってみた感想とともに、ランキング形式にしています。低学年の子供さんや、初心者の子供さんをお持ちのかたが子供を指導するのに役立てばとおもいます。



ランキング2位のスマホで見れるタイプの教材がけっこうおすすめです。サッカー動画教材ランキング



クーバートレーニング練習におすすめの本

1.キッズトレーニングメニュー

2.一人でできる練習メニュー

3.1対1につよくなるメニュー