バルサの子供たちにみるコーディネーショントレーニングとは?

バルサの下部組織の子供たちを
みながら、サッカーにおいて
うまくなるための
コーディネーショントレーニング

とは、どういった
トレーニングなのだろうか?
ということで、
何回か、考えてきました。


そこでひとつの
結論が、足を早く動かす
ことができるようになる
トレーニングがサッカーが
うまくなるための
コーディネーショントレーニング
であるということです。

コーディネーショントレーニングのコツ

足を早く動かす
(動画で自分の速さを確認しよう!)

 

なぜ、こうしたコーディネーショントレーニングが有効なのか?

この、バルサの下部組織の
子供たちのラダーや
ラダーを応用した
トレーニングをみたら、
やはり、こうした、
コーディネーショントレーニングは
必要なのではないかと強く思います。


なぜなら、
このバルサの子供達の動きは、
ボールはありませんが、まるで、
ドリブルするときのように、
ステップを踏んでいるからです。

こんなステップ練習を
小さいころからやっているせいか、
ドリブルにおけるステップや、
相手をかわすときのステップワークが
難なくこなせるのです。


よく考えたら、
動画にでてくるような
子どもたちの年齢で、
ボールを触りながら、
こうして足を早く動かしてみましょう!
といったところで、
よっぽど、才能のある子は
別として、ぜーーったいに、
ボールがないときよりも
足の動きは遅くなります。


つまり、足が本来であれば、
もっと早く動くはずなのに、
ボールがあるばかりに、
早く動かないのです。


だったら、足の動きを
とめているボールというものを
一度、とりのぞいて、
ラダートレーニングなどのように、
足を早く動かすといった
ことに特化して
トレーニングしてみましょう、
というところです。


すくなくとも、このことにより
子どもたちの最大限の
スピードでトレーニングは
行うことになります。


結果的に、
よりはやく足を動かせるようになり、
ドリブル中のボールタッチも
すばやくなるというのが、
コーディネーショントレーニング
が有効になる理由です。


 

いやぁすごいですね。
バルサの子供たち!







 

コーディネーショントレーニングのなぜ?

ところで、なぜ
コーディネーショントレーニングをやり、
足を早く動かす訓練をするのでしょうか。


考えたことはありますか?

 

実際に自分で
こうしたコーディネーショントレーニングを
しばらく、やってみると
きづくのですが、
細かいステップを踏むことで、
ボールをどんなときにも、
さっと、さわれる素早さが
身につくのです。


 

つまり、相手の出方に対応しやすい
体勢、つまり次にドリブルでも、パスでも、
シュートでもなんでもやれる体勢がつくれるのです。

なんでもやれる体制とは?

なんでもやれる体制を
すぐにとれる選手というのは、
結果的に、相手が容易にとびこめない、
選手となります。


これは、セレクションなどでも
よく見られるポイントですが、
うまい選手というのは、
ボールを触るなり、
相手の足をあっという間に
とめてしまいます。


それは、つまり、
相手がとびこめなくなってしまうような
ボールの持ち方ができるということです。


こうしたボールの持ち方を
可能になったら、
サッカーがもう一段階
おもしろくなります。


そして、それが身についたときは、
きっと、レギュラーになっています。


コーディネーショントレーニングの注意事項

こうしたコーディネーション
トレーニングで、
注意したいのが、
練習のための練習としないことです。

すこし見本をみてみましょう。
コーディネーショントレーニング
をしながら、最終的にどんなプレーを
するのかをイメージすることは重要です。



=================
=================

バルサのシャビ 
シャビに学ぶボランチの動き


バルサのメッシ① 
メッシに学ぶドリブル


バルサのメッシ② 
メッシに学ぶさわらないトラップ


バルサのイニエスタに学ぶ① 
イニエスタにシュートを学ぶ


バルサのイニエスタに学ぶ② 
イニエスタにパスを学ぶ

=================
=================



実は、こうしたステップを身につけて
次にサッカーがうまくなるために
やりたいことは、
『自分の位置にボールをおく』
ということです。

『 自分の位置にボールを置く 』

『 自分の位置にボールを置く 』
ということは、じつは、大抵の人が、
ワンタッチコントロール目を
しっかりとすればいいんだろう、
くらいに思っていると思います。


でもじつは、それは
そのとおりなのですが、
その精度を1cm単位の精度で
追求していくことが重要なのです。


これは、レベルがあがれば
あがるほど、そのように
なっていきます。


まだ、1cm単位の精度の
重要性を感じていないとしたら、
もうすこし、レベルの高いところで
やってみたほうがいいかもしれません。


コーディネーショントレーニング
を重要視することは、じつは、
けっして、早く足を動かすことだけが
目的ではないのです。


たとえば、
1cm単位の精度で
ボールをとめなければいけないときでも
うまくいかないことはあります。


そのように、すこし
うまくいかなかったときでも、
早く動くようになった足をいかして、
すぐに、どんなプレーでもできる
自分の位置にボールがくるように
体の位置を修正する、
ということもできる!

 

それが目的なのです。

 

こうしたことを頭において、
練習をしたいものです。

 

 

☆コーディネーショントレーニングといっしょに練習したいトラウムトレーニング

 
というわけで、
コーディネーショントレーニング
を練習しながら、
普段の練習では、
ボールの止めた位置に対する
ステップによる
修正練習というものも、したいものです。

本来、一回で、ボールは
自分が、なんでもできる
位置にとめたいものですが、
状況によっては、
そうできないこともあります。

そんなときに、
ステップを踏むことが
重要になってきます。



場合によっては、
そのステップによって、
相手からボールをかくす
こともできます。

そのボールの置き所に関しての重要性と、
ずれた時の対処の仕方(ステップを踏む)



この2つをおしえてくれるのが、
現、名古屋グランパス監督、
元フロンターレ監督である
風間八宏監督のうみだした、
トラウムトレーニングです。

私自身は、チャンスがあれば、
自分のところに、
このトラウムトレーニングの
教室をひらきたいと思うくらい
有効なトレーニング法です。



1cm単位の精度のたかさを
意識することの重要性が、
わかります。


そして、そのことは
レベルのあがってくる
中学生高学年、
高校生と年齢があがっていくにつれて
その重要性がわかるはずです。

 

 

☆バルセロナに興味のある人に!! おすすめ動画

1,【メッシのように】
相手をたおすドリブル練習法

http://xn--lckta6b8nt31l0xo.com/TOPPAGE/?p=2929


2,【ドリブルサッカー技術】
メッシで学ぶ ボールの置き所

http://xn--lckta6b8nt31l0xo.com/TOPPAGE/?p=2889


3, 【2015バルセロナメッシ】
のクラブワールドカップ先制点で学ぶ!

http://xn--lckta6b8nt31l0xo.com/TOPPAGE/?p=2385


☆バルセロナのトレーニング
に関するチェックはこちら!!

 

●バルサのコーチ、
村松氏が教えてくれます。

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

 

 

●同じバルサのコーチ、村松氏が
上達に関して教えてくれます。

サッカー上達の科学 いやでも巧くなるトレーニングメソッド (ブルーバックス)

 

 

●バルセロナの
トレーニングメソッドです!!

世界最高のサッカー指導書 バルセロナトレーニングメソッド

 

 

☆コーディネーショントレーニングの本のチェックはこちら!!

 

DVD>みんなのコーディネーション運動小学生編 PART1 ()

 

>>もっとコーディネーション
トレーニングでうまくなるための知識


>>ホームページ