【オフザボール】 とは?

『オフザボール』とは、簡単にいうとサッカーの試合中のボールを持っていないときの動きとなります。

じつはこれ、受験勉強でいうところの『自主学習』と同じ効果があります。

この勉強をするには昔はとても難しかったのですが現在は、

  • Jリーグを見に行く
  • DAZNなどで試合をみる
  • そしてマネする

といったことが簡単にできるので実際の試合をみることで自然と学ぶのがおすすめです。

 

「今はいいよね!」

 

理屈でなく自然にオフザボールの動きが学べます。

さて、本題に行く前にまずは今日のテーマとなるオフザボールの見本であるイニエスタ選手の動画をみてください。

 

「ちょっとしたところにヒントがあるんです。」




受験においては『自主学習』において試験の時より前に自分で考えた経験をもっておくと、似たような問題がでたとき、解くスピードは初見の問題より解くスピードが早くなります。

つまり、結果として他の人よりも時間的余裕ができてさらに多くの問題を解いたり、見直しに時間をかけることができるようになります。


「受験でスピードは重要です。」

サッカーでも同じように、相手選手より先に、パスをもらうイメージをして先に動いておくと、相手選手より先回りして次のプレーをイメージできるのです。


「つまり先手をうてるのです。」

サッカーは相手の裏をかくということが重要なので、相手より先に考えて動くことで、相手の動き方をコントロールでき、相手を後手後手にまわらせることが可能となります。

サッカーの試合において重要なのは、ボールをもっていないときの動き方といわれます。

なぜなら、ボールを持っている時間は90分あるうちの数分しかないからです。あとの80数分はボールを触っていない時間なのです。

「とくに、ボールを受ける寸前の動きを工夫するとボールを受けた時のパフォーマンスが上がります!」


ボールをもたない時間にどう動くかが、重要になります。


ということで、今回ここではボールをもらうまえのあるべき考え方を整理していきましょう。

一流に学ぶ サッカー オフザボールの思考回路

なぜ、オフザボールの動きが重要かというと、ヒントになる言葉を世界的名プレーヤーのイニエスタがいっています。



『ボールをもらった瞬間には次のプレーのイメージができている』と。



一流選手はボールをもらうまえに周りの状況をみて次のいい選択肢をイメージできている、つまり、そのつぎにボールをもらうためには、自分がボールをもらおうとする一つ前の選手がボールをもらう前に、いいポジショニングにいることが重要となるのです。

オフザボールの動きにおいて重要なこと

オフザボールの動きにおいて、まず何が重要かというと、ボールをもらう相手と「線をひく」という作業になります。


%e7%b7%9a%e3%82%92%e5%bc%95%e3%81%8f%ef%bc%92


これは、先日トラウムトレーニングで教えていただいた言葉でもあるのですが、「線をひける」位置に、はいることが、パスをもらえる位置となります。

「この言葉は小学生にはわかりやすく使えます。」

次に味方にボールが渡った瞬間に「線がひける位置」にいるか?

次に味方選手にボールが渡った瞬間に


「線がひける位置」に自分がいるのか?


もしくは、先に動き出して「線をひける」イメージをボールの出し手にもたせることができるか?

そうしたことを考えることが重要です。

さらにいうと、受験勉強の『自主学習』とおなじく、事前にしかも相手よりも早く、そういったことを考えるスピードが重要です。

同じことを考えるにしても相手よりも先に考えて、相手より先に動くもしくは、しかけておくだけで相手より1秒は早く動けます。サッカーで1秒早くうごけるということは、距離にすると5,6mくらいの差にはなりますから、大きな差です。

試合で、常にボールを貰う前に「線をひける」のか? ということを常に考える癖をもち、さらに考えるスピード、タイミングも意識することで動きの質は改善されていきます。

もしかしたらレベルの低いところで、しかもあなたが足が速かったら、以上に示した、『ひとつ前の選手にボールがわたるときに、つぎにもらえる位置を考えておく』という作業をしなくても、活躍できているかもしれません。

ですが、レベルが上がり、0.5秒の差で勝負が決まるレベルに入ってくると

「線がひけるのか?」

これを一つ前の選手がボールをもらった瞬間に考えるのではなく、一つ前の選手がボールをもらう前に考えることが重要となります。



サッカーは最終的にゴール前の攻防で0.1秒でも相手より先に触ればゴールできます。


「この事実は重要です。」


同じように、ビルドアップのパス回しや、崩しのパスまわしにおいても、相手より先に考えていいポジショニングにいることが、重要なのです。


「0.1秒の速さを意識できる人」


こういった人が、よりトップレベルまで到達可能だと私は考えます。



子供たちに伝えるのはなかなか難しいのですが、まずは、オフザボールの基本である『線をひける位置にポジションをとる』ということを意識し、それができてきたら、そのことを一つ前の選手がボールをもらう前に考えるように、気づきを伝えられるようにしたいものです。



これは、子供だけでなく、おとなでも、それを意識するだけで格段にボールをもらう機会がふえます。まずは自分で試してみるとよりいいと思います。

%e7%b7%9a%e3%82%92%e3%81%b2%e3%81%8f%ef%bc%91

 

サッカー オフザボール トレーニング:『線を引く』を意識する。動画で確認

さて、ということで、今週の試合?もしくは来週の試合かもしれませんが、「線を引く」事を意識してみましょう。学んだらすぐに実践してみることが重要です。

イニエスタがもったときに、次のプレーヤーが線を引ける位置にいることがよく分かるのが初めにも見た次の動画です。

ボールをもらう数秒まえに逆のスペースを確認し、しかもボールをうける位置がその確認したスペース側になるように、2,3歩ボールをもらう前に移動しています。

 

「この2,3歩の移動がためになりました。」

 

なんともお手本になる動画です。

もう少しわかりやすく解説すると、下記のとおりです。

1.イニエスタがオフザボールのいい動きをしなかった場合






もし、イニエスタがオフザボールで回りの状況も確認せずに、もともとの位置でボールをもらっていたとしたら、上記のようにDFからすると、全く怖くなく、落ち着いて対処されることとなったと思います。



でも現実は違いました。

2.イニエスタがオフザボールのいい動きをした結果





現実は、上記のようにイニエスタ選手はボールをもらう前に周りを見てスペース方向に2、3歩動き出し相手DFのポジションが本来あるべき位置でないところまでポジションを移動しました。



その結果、相手DFの焦りをうみ得点につなげています。



「 線をひく・・・ 」


子供にもわかりやすい良い言葉だとおもいます。ぜひ、意識してサッカーをやってみてはとおもいます。



今回参考にしたのは、元名古屋グランパスエイト監督、風間八宏監督監修、内藤コーチのトラウムトレーニングです。実際に講習をうけて、なんとわかりやすい言葉!!とおもいました。ぜひ、子供たちに使ってみてください。

風間八宏のサッカースクール トラウムトレーニング トラップが身につく本

 

サッカー オフザボールの【まとめ】

単純に子供たちに、『うごけ』と試合中にいっても子供たちにはよくわかりません。

「線を引ける位置に動こう!」といえば、よくわかります。

そうした言葉で、子供たちに気づきを与えてあげましょう!また、自分自身もお試ししてみましょう!

イニエスタでオフザボールについて学んできましたがイニエスタでオフザボールについて学んできました。

この オフザボール というのはボールの技術は関係なく今からでも実践できるという点が素晴らしい点です。

 

「頭の中身を変えるだけ!」

 

技術は成長するのに1ヶ月もしくは3ヶ月、物によっては1年2年とかかりますがオフザボールについては頭の構造を切り替えるだけですぐに実践が可能です。

私の経験からすると私の経験からすると頭を切り替えるだけで上手くパスをもらえることが格段に増えるという経験はすぐにでもできます。

 

「うまくボールをもらえるとうまくボールがさばけます」

 

ただ初めの頃は意識してないとすぐに頭が考えなくなるので、うまくオフザボールができなくなります。

うまくオフザボールが無意識でできるようになるまでは一生懸命頭を働かせて動くことが必要です。

ということで オフザボールについてということで この後の章では知識をまとめていきたいと思います。

 

サッカーオフザボール(サッカー パスをもらう動き)の種類

オフザボールの動きにはいくつかありますがオフザボールの動きにはいくつかあります。

いくつか定番と言われる動きをまとめて紹介していきたいと思います。

1.インナーラップ

インナーラップというのは内側に向かって動く動きです。

内側のスペースに向かってボールを持っている味方からみて内側のサイドのスペースに動く動きです。この動きは味方選手を内側サイドから追い越す動きとなります。

実践の場ではゴール前でサイドから縦パスをもらうために内側に入ってきてワンタッチでシュートというような場面で使えます。

 

「これはゴール前で使えます」

 

オフザボール インナーラップを表す画像

インナーラップメリット
  • ペナルティエリア内でボールをうけると大チャンス
  • 相手センターバックは上がってきた選手に対応せざるを得なくなる
  • つまり数的イコールの体制をペナルティエリア付近で作れる
インナーラップのデメリット
  • ボールを受けずらい(後ろからボールがくる)
  • 逆サイドへの視界をとりにくい

こういったデメリットはありますが、最前線のゴールに近い場所で起点ができるというのが最大のメリットとなります。ドリブルの得意な選手がいればこのインナーラップでペナルティエリア内でうけることで相手へのかなりの脅威となること間違いなしです。

2.オーバーラップ

二つ目のオーバーラップ二つ目のオーバーラップ。

この動きがサイドに置いてサイドバッグがサイドハーフを追い越すような動きとなります。

 

「足元が不安なディフェンスの選手でもやりやすい!」

 

なぜなら、この動きにおいては外を回ることでフリーでボールを受けられるというメリットがあるからです。

また見る方向は内側だけでいいので視野的にも有利に働きます。

オーバーラップメリット
  • 敵ディフェンダーから距離をとってボールを受けれる
  • つまり足元が苦手なサイドバックの選手でも受けやすい
  • 相手の陣地深くまで侵入できる
  • 受け手が視野を確保しやすい
  • サイドで2対1の局面を作りやすい
オーバーラップのデメリット
  • サイドバックもしくはサイドハーフの運動量が必要
  • ボールをとられた場合はピンチになりやすい
    ⇒だからこそ、上手の①の「内側」にすこしボールを動かし相手ディフェンダーの重心を内側に動かすことでパスカットの可能性を低めることが重要となります。

この動作でわかっていても相手ディフェンダーは内側によらざるを得なくなります。

 

「この数m、もしくは数センチの動きがレベルが上がってくると効いてくるんです。」

 

カバーリングのディフェンダーも大外を回ってくる相手攻撃選手へのカバーリングに一瞬行きにくくなります。

こうしたちょっとした動きにより、パスカットの可能性を低めることが可能になります。ピンチを招く多くの場合、こうしたちょっとしたことをやっていないので、大ピンチへとつながります。

 

「何となくサッカーしてる人は気づけないでしょう。」

 

うまい選手はこういったことを何気なくやっているので、そこに気づかない選手は同じことをやっているようで、実は同じことをやっていないために、成功の確率が減ります。

 

3.駆け引き

3番目は駆け引きという観点です。

相手が右に来たら左に行く、前に来たら後ろに行く、というように自分をマークしてる相手を揺さぶる動きです。

技術レベルが高くなると相手と2 M 程度の距離があればボールを落ち着いて捌けます。

 

だから、マークされている相手がいる場合は相手の逆を取って2 M の距離を確保するという動きのことをすることで格段にボールを受けられる回数が増えます。

 

「私が出会った、全国レベルの選手はかなりのマンマークをしていても、ほんと2M離してボールを受けて、私が寄せると簡単にボールをはたいて次に行く・・・そんなことを簡単にやってました。」

 

イニエスタは、受ける天才といえると思います。いつのまにか、すすっといいポジションにフリーで入ってきてボールを受けて相手を引き寄せ、簡単にボールをはたきます。これで相手ディフェンスの陣形がくずれていきます。

 

イニエスタはよく見ると、何となくいわゆるライン間、つまり相手ディフェンダーの隙間、もしくは間に入ってきて相手ディフェンダーと2m以上の距離を保ってボールを受けるシーンが結構見られます。

 

「簡単にやってるから見過ごされがちですがディフェンス陣にはじわじわ効いてきます。」

 

相手ディフェンダーは離れた状態でボールを受けられてしまうので焦って寄せてきますが、もうそれはイニエスタの思うつぼです。

イニエスタに矢印が向いた時点でイニエスタはそれをうまく利用してかわします。

 

相手との駆け引きをおぼえて、「ススススッっ」と何気なく最高のポジションにきて相手を手玉に取りたいものです。

 

サッカーオフザボールを表す画像

4.3人目の動き

3人目の動きというのはよく言われる動きです。

これを行うコツは次のパスされる人を想像して、そこからもらうイメージを常に持つということです。

経験的に言うと三角形を作るようなポジション取りをすると自然と三人目の動きをすべきポジションがわかります。

 

例を挙げると下記のような場面があります。

3人目の動きを表す画像

 

急激なイニエスタのターンにより状況がかわります。これにより1番の選手にボールが渡ることが想定されます。

 

3人目の動きを表す画像

 

下の写真の2番の選手が1番の選手にボールが渡ることを想定して3番もしくは4番の位置でボールを受ける準備をするということ。


これが3人目の動きとなります。ただ、早く動きすぎるとボールをもらうまでにマークが追い付いてしまうこともあるのでオフザボールの動き出すタイミングも重要です。

 

このタイミングはたくさんサッカーを現地でみて覚えるのが一番早いと思います。

 

3人目の動きを表す画像

上の場面では、2番の選手は3番の位置にずれると敵との距離が近くなるので「2番の位置にとどまる」もしくは「2番の位置よりすこし上記の写真で右へと下がる」ことでボールをうけて逆サイドへ展開するという選択肢もあります。

 

5.ワンツー

5番目はワンツーです。最もポピュラーな動き方の一つです。

ワンツーは味方にボールを出した時にたいてい、相手のディフェンダーがボールを見入ってしまうのでそのことを利用します。

相手がボールを注視してしまった隙にスペースに動いてフリーでボールを受けるというイメージとなります。

6.ダイアゴナルラン

ダイアゴナルランは斜め前に動く動きとなります。斜めに動くことでディフェンダーも引き連れて行きます、斜めに動くことでオフサイドにもならずに済みます。

7.クロスオーバー

クロスオーバーは味方選手とクロスする動きとなります。クロスすることでディフェンダーがどちらに着いたらいいのか迷うことを利用してフリーになる動き方です。

どちらかと言うとどちらかと言うとトップの人が使いやすい動き方です。

 

サッカー オフザボールのコツ・考えるべきこと

1.体の向き

オフホールで考えるべきことはどの動き方をするにしても体の動きというのが大事になってきます。

ボールをもらった瞬間にフリーで受けるにしても前を向いてるか後ろ向いてるかでもう入ってもう一手、二手が必要になってくるかこないかという違いが生まれます。

 

「よい選手はマークがいなければ一発で前を向きます。」

 

これは時間が変わるということです。時間が変わると相手が自分のところまで来る時間がかわるので、かなり余裕にかかわってきます。

 

2.敵との距離

敵との距離も重要です。敵に近い距離でもらう場合は前を向けなくなりますし、敵から離れた場所で受ければ一気に前を向けることになります。

ちょっとしたことですが、いわゆるライン間、つまり敵と敵のあいだでうけることで相手ディフェンダーに迷いが生じますし、それだけ時間も得られます。

 

3.タイミング

あと考えなければならないのが、タイミングです。

味方がボールを出せない状況で走り出してもムダ走りとなってしまいます。

小学生を見ているとがむしゃらに走る子がたくさんいますがうまくコーチングすることでタイミングをおぼえていくとおもいます。

イニエスタが100%で走っているのをみたことありますか?

 

「わたしはありません。」

 

ポジション別のオフザボール

1.フォワード・トップ下

フォワードに関してのオフザボールのキーワードは『相手の死角に入る』です。

だから、

 

・裏への飛び出し
・ダイアゴナルランによる斜めの動き
・プルアウェイの動き
・センタリングの時にするするっと中に入る

 

といった動きが重要になります。
すべてに共通するのは、『相手の死角に入る』ということです。
シュートが入るときはほぼすべて相手の接触をうけていません。

つまり、相手と最低でも50cm程度は離れているということです。
この状況を作り上げるために必要な考え方が『相手の死角に入る』ということになります。

 

2.ミッドフィルダー・トップ下・ボランチ・サイドハーフ

ミッドフィルダー等においてオフザボールの重要な考え方は『ライン間にたつ』ということになります。

分かりやすく言うと相手ディフェンダーの間に立つ、もしくは相手ディフェンダーの間に顔をだすということです。このスペースに来るタイミングさえうまくやれば、50%程度のスピードで顔をだしても余裕でボールをうけることができます。

 

「相手をあざわらうかのように。。。」

 

イニエスタはまさにこのお手本といえます。ボールを余裕で扱っているひとのポジショニングをよく見てみましょう。『ライン間にたつ』という基本をおさえれば劇的にボールをもらえる回数が増えると思います。

このライン間でもらうということにプラスして考えておきたいのが次のことです。

 

・相手との距離
・体の向き
・一発目のボールのおき場所

 

中盤は相手との距離がせまく、「相手との距離=自分の余裕時間」 となります。

技術レベルの高い人は、この余裕時間が少なくてもなんとかなりますが、技術レベルがすくないと相手との距離も必要となります。

この辺りを意識してサッカーをするととても面白いですよ。

 

3.ディフェンダー

ディフェンダーにおいてオフザボールは中盤やトップにくらべるとそれほどそういった局面はすくないですが、サイドバックの選手で攻撃参加する際に『オーバーラップ』ができます。

『オーバーラップ』は上記でも書きましたが、サイドでスペースを確保した状態でボールをもらえるオフザボールの動きとなるので、技術レベルが多少低くても成功できるのがよい点です。

体力面がきついという面もありますが、ぜひ小学生などであればつかってほしいオフザボールの動きです。必ずと言っていいほど簡単にボールをうけることができます。まずはこの動きで成功体験を積んでほしいと思うオフザボールの動きです。

 

サッカー オフザボールの教え方

サッカーにおけるオフザボールの教え方としては、上記でお伝えしたようなポジション別の基本的な定石といわれる動き方を身につけたあとは、試合中で下記のことを何回も伝えることが重要です。

 

  • 「いつ」動き出す?
  • 「どこ」でボールをもらう?
  • 「どのように」ボールを受ける?

 

詳しく説明していきます。

 

「いつ」動き出す?

小学生だとよくあるのがいつでも全力で走ってしまう例。

お父さんお母さんも

 

「走れ~」

 

って応援してしまうのでつい、子供も「全力で走る」ことがいいことだと勘違いしてしまいます。

でもわれらがイニエスタを見ると少なくとも全力で走っているのをみることはほとんどないといっても過言ではありません。

イニエスタは中盤の選手なので「全力で走る」ことがあまり必要とされていないこともありますが、

 

「いいタイミング」で敵をはずしてもしくは、
「いいタイミング」でスペースに顔をだす

 

ことが重要です。下記の事例のようにがむしゃらに走っていると簡単にオフサイドなどにもなってしまいます。

 

サッカー オフザボール 教え方を表す

 

「味方の状況をみてけれるタイミングで動き出す」

ことをしっかりと伝えましょう。言い換えれば

「味方の選手の状況をみてサポートする」

ということです。

サッカー オフザボール 教え方を表す

 

何も考えずに走るということは正解でないということをしっかり子供たちに伝えたいものです。

 

「どこ」でボールをもらう?

サッカーのオフザボールにおいて

「どこ」でボールをもらうのかも重要です。

例えば、相手から7M、離れた場所でボールを受けることができれば相手が寄せてくるまでに約1秒の余裕があるので余裕をもってボールをさばけます。

ところが、2Mの距離しかないところでは、正確なボールコントロールと素早い判断が必要となります。

「相手と距離」は意識するだけで確保可能です。上記の例でも裏をとるために相手DFの裏へ行こうとしていますが、相手がついてきた場合仮にボールを受けたとしても相手との距離がかなり近い状態です。

ここで、相手が後ろへ下がったことを利用して、戻ってくることで相手との距離が7M程度確保が可能となります。そうすると余裕をもってサイドでボールを受けることが可能となります。

サッカー オフザボール 教え方を表す

「がむしゃらに走って相手に近づいている」選手はいませんか?

リスクを冒すべきゴール前は別ですが、中盤であれば相手と距離を考えることも重要です。

相手との「距離」も踏まえた「どこ?」で受けるのかも意識づけするよう声掛けしましょう。

 

「相手がついてきたら判断を変えればいい」

 

上記のような形でサイドでボールを受けることができれば、サイドで新たな起点を作ることが可能となり、また相手が右サイドに寄せてきたら再度サイドチェンジをしてオープンスペースから攻めるということも可能となります。

 

「どのように」ボールを受ける?

これは、言葉でいうとむずかしいのですが、直線的に走ってボールを受けようとするとボールをだす味方は「点」であわせる技術が必要となります。

だけど、膨らんでボールをうけるとボールを出す味方は、「スペース」を狙ってボールをだせるようになり、多少パスがずれても大丈夫な状況となります。膨らむことで時間ができるので上記の例でいくとオフサイドも避けることが可能です。

サッカー オフザボール 教え方を表す

 

また、この「膨らんでボールを受ける」動きは「ウェーブの動き」ともいう方がいるようですが、いずれにしてもこの動きで味方はパスを出しやすくなり、なおかつ実は受ける際の視野を確保しやすくなるので、その意味でもオフサイドにもかかりにくくなります。

オフザボールの基本の動きで「オーバーラップ」という動きがありますが、まさに広義の意味で「膨らんでボールを受ける」ことと同じです。

 

オフザボールも文字で書くと難しく思えますが、ひととおり学んだあとはいいプレーをたくさんみることがおすすめです。

 

「技術力アップ 3年 オフザボール 3時間」

 

それくらい、技術アップよりもオフザボールはあなたのプレーを変える可能性があります。

>>サッカー オフザボールの5つの役立つ動き方