☆サッカーPKはどこに蹴ると入る確率が高いのか?ワールドカップのデーターより

 

以前とりあげた高校サッカーの記事を
PK戦を見返してみた。

 

と、そのときには気づいていなかった、
PKの成功確率についてその後まなんでいたので、
今回はそれを報告したい。

 

pk

 

一般的には、
PKのはいる確率は、75%といわれています。
4人に3人はきめますが、1人ははずす計算です。

 

実際、イメージと近いですよね。

 

 

max16011524_tp_v1-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

また、キーパーの左右に飛ぶ確率も、
ある程度でています。
左に飛ぶのが、57% 右に飛ぶのが41%

 

さて、2010年度のワールドカップでは
どのような確率だったのでしょうか。
次のBBCからの表をみてください!

 

白丸が、キーパーがふせいだ全204本中の60本です。

 

bbc

 

 

この2010年度のワールドカップにおける
PKは、全204本中 ゴールが、144本。 はずしたのが、41本です。
興味深いのが、ど真ん中の状況です。

 

 

あらためて
同じ絵を見ると、あきらかに、
ど真ん中の失敗の確率が少ないです。

 

 

そうなんです。
キーパーは、よくかんがえると、
ほとんど、右か左に飛ぶんですね。

 

max16011542-2_tp_v1

最初にだした数字を正とすると
左が57% 右が41%・・・・つまり
ど真ん中にいるのが、たったの2%なんです。

 

 

だから、ど真ん中に入っている確率が、
BBCのデーターをみても高いわけです。

 

 

ある数学者によれば、
それでも、ど真ん中に蹴らないのは、
失敗したときの周りからの非難がど真ん中の場合
かなり激しくなるからと解説しています。

 

あなたが、明日以降の
PK戦。どちらに蹴るのかは
あなた次第です。ただ、どちらにしても、
蹴る方向くらいは、きめていおいたほうが、よいとおもいます。

 

とくに、小学生は、そうです。
最後に、高校サッカーのPK戦でもみて、
心理戦をたのしみましょう。

 

 

確率や、なぜそのタイミングかを考えると
シュートの入る確率があがります。 それを比較的わかりやすく
おしえてくれるのが、風間八宏氏のDVDです。

風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.4「シュート」 [DVD]







シュート

■天皇杯の前に、バルサのイニエスタに学ぶ『 シュート・止める・ドリブル 』 【動画】

■☆サッカーPKはどこに蹴ると入る確率が高いのか?ワールドカップのデーターより。

■【動画】サッカー上達シュートは重要技術の集大成

■サッカーシュート練習法【GKとの1対1を決める】

■子供サッカー練習【シュート】やり方 時間と余裕・・・上達法を考えたことありますか?

■子供サッカー いかにシュートをきめるか ヨーロッパリーグに学ぶ①

■子供サッカー いかにシュートをきめるか(PK編) ヨーロッパリーグに学ぶ②

■『シュートを考える』子供サッカー.COM 哲学2

*ドリブル他、おすすめ教材ランキング