サッカーコーチが知っておきたい子供の指導に役立つ

ヨハンクライフの名言③【目先をかえる】

%e3%83%a8%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%ef%bc%98

今回も、指導に役立つと思う、
わたしの好きなヨハンクライフの名言をふりかえりながら、
子供たちにサッカーのポイントを伝える言葉をまとめたいとおもいます。

 

本日は、子供たちに新鮮さをあたえるべく
【目先をかえる】ことに重点をおいているときに
子供の指導に役に立つヨハン・クライフの名言です。

%e3%83%a8%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%ef%bc%95

 

●キーパーは守る人、フォワードは攻める人
としかまだ理解していない子供たちにかけたい言葉。

「私のチームにおいては、ゴールキーパーはファーストアタッカーであり、
ストライカーはファーストディフェンダーなのだ」

 

 

●スローインが、うまくいかない子どもたちに、
ちょっとしたアイデアを与えたいときに、かけたい言葉

「私は常にスローインをした。なぜなら、
私がボールを取り戻せば、ただ一人マークされていない選手になれるからだ」

 

 

●ボールがないときに、ボールばかりをみている子供たちを
見かけたときや、自分のところにボールがきたときに、
ボールを大事に扱わない子供を見かけたときにかけたい言葉。

「試合においては、選手がボールを持つ時間は平均3分だ。
それは統計学的に証明されている。

つまり、最も重要なことは――
その他の87分間に何をするか。

それは、良い選手なのかそうでないのかを決定づけるものだ」

 

 

サッカーにおいて、
何が重要かを意識させることが、子供たちにとっては重要です。

 

しかし、子供たちに新鮮さをあたえるのは、
親やコーチの役目だとおもいます。

 

ちょっと、いつもとは
ちがった視点があるということを
子供たちに伝えると、全員ではないかもしれませんが、
幾人かは、「 そうか!! 」という気づきを得るはずです!

 

そういった、気付きを
子供たちにあたえることができれば、
その子供は、そのうち自主的にどんどん
他の気付きも得てどんどん上手くなります。

 

>>【参考】ミスターラグビー平尾誠司の【気づかせて動かす】



指導に役立てたい名言

1.「勝つためには、相手よりも1つ多くゴールを奪えば良いだけのこと」他

2.「もし勝てなければ、負けないことを確実にしよう」など

3.「私は常にスローインをした。なぜなら、私がボールを取り戻せば、ただ一人マークされていない選手になれるからだ」等々

4.「ピッチ上の本物のリーダーというのは、
他の人は間違いを犯すものだと既に仮定しているのだ」



☆初心者がマスターしたい8つの基本テクニック


☆キープ力があがるジンガ練習法


☆参考にしたい、リフティングでうまくなる動画
 ⇒一番最後の13位にある動画3つです。