今日はサッカーの楽しみでもある
フェイントの基本練習です。
初心者や低学年の子供には
是非マスターしてほしい練習法です。

 

今日のフェイント練習のコツ

ボールに触らない!!

 

さて、
フェイントというと、体重をかけることが
一つのコツだと思いますが、
もう一つ重要な事があります。

 

それが、上記の『触らない』というコツです。
けっこう、このことができていないことがあります。

 

 

意外かもしれませんが、
このフェイントにおいてのコツである、
ボールに触らないこと、、、、

 

これは、意外とドリブルの際のフェイントなどにも
共通して使える
考え方なので、
ぜひ覚えておきましょう。

 

がむしゃらに、
ボールを触れば良いというものではないのです。

 

目標は、相手をだますことです。

 

そのために、大事なことを
一つ一つ覚えていきましょう!!

けっこう、
フェイントというと、
ボールを触らなくてはならないと
考える子供も多いのですが、
ボールを触らずに
相手をだますというのは、
一つの重要な考え方です。

cristiano-ronaldo---real-madrid-la-liga_26-220

さて、こうした練習ですが、
できれば、
動画をとってもらって、
自分のフェイントをみてみると
勉強になると思います。

 

思ったより、体重がかかっていなく、
フェイントに引っかからなそうなことに
気づくかもしれません。

 

ぜひ、
練習したら、動画をとってもらいましょう!

また、練習したら、実践でためしてみることを
おすすめします。

 

そして、あと大事なことは、
コツ、つまりポイントをつかむことです。

必ず練習時はポイントをおさえましょう!



サッカーフェイント練習法

1.フェイントの理屈は【逆をとる】ということ。 
2.初心者・低学年向けサッカーフェイント【ストップ&ゴー】
3.初心者・低学年向けサッカーフェイント【シザース】 
4.初心者・低学年向けサッカーフェイント【さわらない】 
5.初心者・低学年向けサッカーフェイント【キックフェイント】
6.初心者・低学年向けサッカーフェイント【フェイント実践例】  
 




>>子供が上達するために親としてしっておきたいサッカー練習メニュー