○体幹トレーニング NO.04 腕立てフロントブリッジ 

○腕立てフロントブリッジ

今回は体幹トレーニングの4回目。
腕立てフロントブリッジです。

これは、かなりきついです。
腕にもけっこうきます。
無理は禁物です!

さて、今回も本題に入る前に、体幹トレーニングを
する上で重要な事を学びます。

それは、
トレーニングにあたり、
どこを鍛えるのかを意識するということです。

 

○体幹トレーニングはどこを鍛えるのか?

一般的な器具をつかっての
筋肉トレ-ニングは、どこを鍛えているのかを
イメージしながら行うことが重要です。

体幹トレーニングも同じです。

ですので、どこの筋肉を鍛えているのかを
必ずイメージしましょう。

体幹トレーニングで鍛えるのは主に、
腹筋・背筋を中心として、
脊髄をささえているインナーマッスルと言われる部分です。

大胸筋や、広背筋などの
アウターマッスルではないので、
注意しましょう。

インナーマッスルを鍛えることで、
体幹が安定し、
見た目がムキムキになるわけではないのですが、
パフォーマンスアップに繋がります。

体幹トレーニングで鍛えている場所をイメージしていきましょう。

体幹 図面

○体幹トレーニング 腕立てフロントブリッジ

・腕立てフロントブリッジ
左右5回

腕立ての体勢をとる。
ウデを曲げながら、片足を内側にまげる。
ウデを伸ばしながら、脚をもどす。
つぎは、またウデをまげながら、片足を外側にまげる
そして、ウデを伸ばしながら、脚をもどす。

☆その他 体幹トレーニング

体幹トレーニング

01 フロントプランク

02 サイドプランク

03 ショルダーブリッジ

04 腕立てフロントブリッジ 

05 クランチ

06 水平クランチ

07 クロスクランチ

08 フライングドッグ

 

 

☆体幹トレーニングにおすすめの本

1,

子供の運動能力が高まる「体幹バランス」トレーニング (遊び感覚で、ケガをしない体をつくる)

2,

長友佑都体幹トレーニング20

 

3,

女子の体幹レッスン: 美しい身体になる筋肉のつけ方

[br num=”1″][br num=”1″]

[br num=”1″][br num=”1″]