キーパーチャージとは?

キーパーチャージとは、『ゴールキーパー(GK)が、手でボールを保持しているときは、相手競技者は、ゴールキーパー(GK)に挑むことができない』というルールがあるので、現在では基本的にはこのルールのことをさします。

昔は、ゴールキーパー(GK)に体をぶつけるタックルによってボールを奪おうとすることを『キーパーチャージ』とする規則がありましたが、現在ではなくなっています。

ただ、内容的には変わらず、『ゴールキーパー(GK)が、手でボールを保持しているときは、相手競技者は、ゴールキーパーに挑むことができない』という意味のなかにふくまれています。

日ごろ、自分のサッカーや、子供のサッカーをしていると審判を頼まれることがあると思います。

そんなとき、たいてい問題になるのが、オフサイドとGK関連のキーパーチャージに関する判定です。

問題になるまえに、サッカーのプレーをしっかりみておくことは大前提ですが、自信を持って判定するには、しっかりとサッカーのルール・競技規則に関する知識をしっかりと、もっておくと、冷静に審判としての判断ができます。

とくに、小学生のサッカーの試合で審判をやる機会のあるお父さん方には、とくに知っておいて欲しいところです。

今回はオフサイドと並んでしっておきたいGKへの反則であるキーパーチャージについて、よりくわしく学んで、ちょっと、小学生たちに、サッカーの審判のウンチクをたれることができるくらいまで学んでみましょう。

というわけで、サッカーのルールのなかでも重要なルールのひとつである、キーパーチャージに関するルールである、『ゴールキーパーに挑んではいけないとき』を学んでいきます。

キーパーチャージ:ゴールキーパー(GK)に関する競技規則

さて、まずは、ゴールキーパー(GK)に関する競技規則をみてみましょう。これは、サッカーのルールブックである、サッカー競技規則にしっかりとルールとして記載があります。

そのサッカー競技規則には下記の通りの記載があります。

『ゴールキーパーが、手でボールを保持しているときは、相手競技者は、ゴールキーパーに挑むことができない』(ガイドライン 第12条ファールと不正行為)

ふだん、何気なくサッカーを楽しんでいるとおもいますが、ゴールキーパー(GK)に対するルールとして、こうした規則がしっかりとルールとして記載されているのです。

文字として読むと大人であればしっかりと理解はできると思います。

キーパーチャージ:重要なルールのポイント

キーパーチャージとは、サッカーで審判をするにあたり、審判を行うと、結構、実際におこる困ったファールです。

大人のサッカーの試合で審判をしていても、このファールは結構頻発します。

いわゆる『キーパーチャージ』というものです。

漠然と、キーパーにチャージしてはいけないと思っている方も多いと思うのですが、ちゃんと、規則化されているポイントがあります。

それが、『キーパーがボールを保持しているときに』

という文言です。この言葉が、試合中での判断のポイントとなります。

キーパーがしっかりとボールを保持、つまりキャッチした状態なのに、そのキーパーに対して体をぶつけてタックルなどをすると、反則となるわけです。

なので、逆の言い方をすると、キーパーがしっかりとキャッチできていない状態では、キーパーはフィールドプレーヤと同じ状態ですから、タックルすることも可能といえば、可能であるわけです。

こうした背景があるので、

『今のは、キーパーはもっていないからキーパーチャージでない!!』

などと、プレーヤーから声があがることもあります。しかし、ここは、審判ですから、冷静に、自分の判断で『キーパーがしっかりと保持しているのか、いないのか』をしっかりと判断して、とりしきりましょう!

わかったうえで、判断するわけですから、自信を持って笛をふけるわけです。

キーパーチャージ?;地面に転がっているボールを手で押さえていたら?

さて、それではゴールキーパー(GK)が、地面に転がっているボールを手で押さえているような場合は、どうなるのでしょうか?

競技規則には、下記の記載があります。

『ボールがゴールキーパーの手と他のもの(例えば、グランド、自分の体)との間にあるとき、ボールに手または腕のいずれかの部分で触れているとき。』

以上の場合は、ゴールキーパーがボールをコントロールしていると判断されるのです。

つまりこのときに、ゴールキーパーに挑んではいけないのです。こういったことも、しっかりと記載されているのです!!

キーパーチャージ;小学生の試合で注意したいこと

小学生の低学年では、ゴール前では、攻撃側選手と守備側選手がかなり入り乱れるので注意が必要です。

ゴールキーパー(GK)の手の状況、ボールとの位置関係、相手が蹴った瞬間、そうした点をしっかりと、【見ることができていれば】しっかりと冷静な判断ができます。

サッカーの競技規則をしっかりと学んだお父さんならできます!週末にサッカーの審判を頼まれたら、自信を持って今回のキーパーチャージのポイントもおさえて笛をふきましょう。

なお、低学年のサッカーの試合では、

『キーパーが持ったらタックルやボールをけることはダメですよ。』

と、声をかけてあげましょう!!

とくに、小学生のうちは、どんなプレーが禁止されていてファールになるのかを知ることも大事です。間違ったことを教えると、子供は間違ったまま成長してしまいます。

逆に、今回のようなキーパーチャージにたいしても、厳密に反則を取っていき、子どもたちにも教えていくことでキーパーに対する危険なプレーも減っていくと思います。

たかが、サッカーの審判ですが、今回のキーパーチャージに関するジャッジのポイントとなるウンチクも身につけて、楽しみましょう!

☆審判のツボ☆

1、スローイン
2、ゴールキック
3、ペナルティキック
4、キーパーチャージ
5、他の試合でプレーがとまっちゃった!
6、キーパーチャージ
7、フリーキック距離とセンターサークルの関係
8、空気圧しってますか?
9、最低限の競技者の数しってますか?
10、サッカー間接フリーキック|小学生審判、確認しておきたいこと①
11、オフサイド?警告か?退場か?