子供のサッカーで審判をまかされた
親御さんのために!!

いまでは、なでしこをみると
女性の審判も当たり前です。

たとえば、下記の動画で審判を
見てみましょう!

ブルーのシャツを着て
軽快に動いてジャッジしています。
たまには、ボールでなく、
審判を追っかけて、審判方法をまなぶのも
面白いかもしれません。

さて、私は先日の日曜日、
大人のサッカーの試合の
審判をやったのですが、
熱中症ぎみとなり、頭痛がして、
最悪でした。
気づけば、光化学スモッグ注意法がだされ、
激しい運動はやめましょう!
と、試合後に公園の放送でいっていました。。。

ただ、久しぶりの主審だったので、
ついでに、
これから、子供のサッカーで
審判を任されてしまったお父さん、お母さんの
ために、ちょっとした
審判のコツを競技規則にそって、
まとめることにしました。

今回はその1つ目です。

審判のコツ その1

競技規則 第一条
競技のフィールド

センターサークル9.15Mと
フリーキックのときの離れなければならない距離は、
9.15Mは同じであります。
(子供の場合は、これが、7mとなります。)

これは審判の講習会で昔、おそわったことですが、
自分の足で、何歩分が、センターサークルかを
はかっておくと、確実な距離がほぼ
得られるとおもいます。

ちなみに、私は大きく歩いて9.5歩でした。
けっこう便利なので覚えておくとべんりかと
おもいます。

フリーキックのときに、
選手に、近いんじゃない?などと
いわれても、自信をもって、
自分の足ではかることができます。

必ず、はじめの笛を吹く前に
センターサークルが、足で何歩分か、
はかっておきましょう!

ちなみに、9.15Mって中途半端ですが、
実は10ヤードのことです。
お父さん、お母さんでは
ゴルフ好きの人がいるかと思います。

ゴルフのときはヤードで計算しますが、
10ヤードが9.15Mとしっておくのは
けっこう便利かも知れません。

今日は、これくらいで。。。
次回は、競技規則 第二条 ボールに
関して触れていきたいと思います。

もっとうまくできる!少年サッカー審判のコツ50―ルールはもちろん、主審・副審・第4の審判員の的確な (コツがわかる本)

なお、以下が以前にまとめた、
審判のコツです。今回は競技規則にしたがう予定ですが、
前回は子供のサッカーの試合におきそうなことに絞って
まとめてます。

☆審判のツボ☆

1、スローイン
2、ゴールキック
3、ペナルティキック
4、キーパーチャージ
5、他の試合でプレーがとまっちゃった!
6、キーパーチャージ
7、フリーキック距離とセンターサークルの関係
8、空気圧しってますか?
9、最低限の競技者の数しってますか?
10、サッカー間接フリーキック|小学生審判、確認しておきたいこと①



>>ホームページ

>>投稿一覧